これで東京に五輪を招致できるのか?


2020年のオリンピック開催地として名乗りを上げている東京都ですが、このサイトを見ると「招致できない方に5000レンテンマルク」ですな。

http://tokyo2020.jp/en/

英語版サイトですが、ここに書かれている文章がどうにもいただけません。

Tokyo will provide guaranteed quality and maximum benefits. Certainty in delivery will be assured by the financial strength, world-leading infrastructure and hosting experience of one of the world’s safest and most welcoming cities. Delivering early will enable of a focus on the crucial ‘extra’ elements that will help set Tokyo’s celebration apart – and take the Games forward for the future.

(同サイトの「Vision」ページより)

英語としてわかりにくい(場合によっては「意味を成していない」)ってのも確かにあります。
ただ、「東京五輪を実現させよう!」という趣旨のサイトであることを踏まえて、そのつもりになってできる限り優しく読めば、(少なくとも前半の2文については)何が書いてあるのかはわからなくもありません(元になっている日本語が何となく透けて見えるので)。

しかし、透けて見える日本語が典型的な「お役所言葉」なんですよね。抽象的・観念的な言葉が並んでいるだけで、実質的にほとんど何も言っていない、というアレ。

Webサイトの限られたスペースで多くは語れない、詳しくは提出した文書を読んでくれ、ってことなんでしょうか?

しかし、Webサイトだからこそ、核となる理念をわかりやすく明確に打ち出すべきなんじゃないかと思うんですが……。

カテゴリー: 言葉についての考察 タグ: , パーマリンク