[U]携帯電話各社の「補償サービス」とAppleCare+を比べてみた


一昨日、妻の使っているスマートフォン(ドコモのGalaxy S4)が壊れてしまいました。
落下事故により液晶画面がお亡くなりに……(涙)。

で、ドコモの「ケータイ補償お届けサービス」を利用することに。

ドコモショップへ出向いて手続きしたんですが、その場で代替機を渡され、翌々日の午後には交換品が届く、とのこと。

このサービスにはかなり長らく加入していて、これまで利用したことがなかったため、通常1回目の利用でかかる自己負担金5250円が若干割り引かれました。
まぁ、いわゆる「保険商品」なので、無事故返戻金みたいなものですね。

このサービス、Appleの製品であるiPhoneには適用されないので、類似の補償/保険サービスを受けたければAppleCare+を利用することになるワケですが、ちょっと気になって携帯各社のサービスについて調べてみました。


ドコモとauはほぼ横並び、SBはケースバイケース

各社のサービスは以下のような感じになってます。

ドコモ au SB
サービスの名称 ケータイ補償お届けサービス 安心ケータイサポートプラス / 安心ケータイサポートプラスLTE あんしん保証パック
月額料金 399円 399円 525円
利用時の負担金 1回目: 5250円
2回目: 8400円
1回目: 5250円
2回目: 8400円
(au契約3年以上だとそれぞれ3150円と6300円)
機種によって異なる?

ドコモとauは一律料金での交換になりますが、ソフトバンクの場合には修理料金の割引か「同一機種またはSB指定機種を会員価格で購入」ということになるようです。

ドコモとauは見事なまでに横並びですが、auの長期ユーザーを優遇する料金設定は好感が持てるところ。


AppleCare+はやはりお高め

携帯電話各社の補償サービスが利用できないiPhoneでは、AppleCare+に加入することになります。

当然ですが、条件はどのキャリアも同じ。
利用料金は2年間で9800円。
サービス利用時の負担金は7800円(2回まで)。

Apple Storeでは2年分の利用料金を一括払いするしかありませんが、各キャリアではこれの分割払いに対応しています。
月額にすると408円(初回または最終回の支払いのみ416円)になります。

iPhoneの場合は他の機種と比べて本体価格が高めなので、この種の「保険料」が高めになるのはある程度仕方がないのかもしれません。
サービス利用時の負担金も高くなっていますが、2回目も同一料金、というのを考えると、妥当と言えなくもないかも……。

 

以上、個人的には昔からAppleの「メーカー企業」としての体質がどうも信用できない(未だにその不信感が払拭できていない)大越でした。

カテゴリー: スマートホン/タブレット/ガジェット タグ: , , , , , パーマリンク