[U]パイロットのカジュアル万年筆「カクノ」はやはりスグレモノだった!


最近文具店に行くと、ついつい「ブログネタ」目線で商品を見てしまうようになっている大越です。

パイロットの万年筆「カクノ」がよさそう、という記事を先日アップしましたが、ようやく実物を買うことができました。

購入したのは青キャップのF(細字)。

結論から言うと、想像以上の「スグレモノ」でした。


つい手に取りたくなるパッケージ

PB090106

ポップな雰囲気のデザインもさることながら、ペン先まで見せているところがニクいですねぇ。

ペン先をこんな形でほぼ完全にあらわにした状態で店頭にでている筆記具って、他に思い浮かばないんですが。
ましてや「万年筆」ですからね。なかなか思い切ったパッケージデザインじゃないでしょうか。

中身は本体・キャップ・インクカートリッジ(黒)。
PB090108

さらに「使い方」のリーフレットも。内容はパイロットのWebサイトに上がっている内容と、「大人の方へ」としてコンバータの使い方や子どもに使わせる時の注意など。
PB090109


太目の軸とやや軟らかめのペン先

手で持つ部分の軸は比較的太目。
ラミーのアルスター/サファリの軸で三角形になっている部分のうち、一番太いところと同じくらいの太さが先端まで続いている感じです。

(上がラミーのアルスター、下がカクノ)
PB090112

付属のカートリッジではなく、コンバータを入れてラミーのブルーインクで書いてみました。
PB090113

一応の比較のために、パイロットの「色彩雫・深緑」を入れたサファリのEFで書いた文字を並べていますが、こちらはそこそこ使い込んだ状態なので直接の比較はできません。
しかし、新品時の筆跡と比べても、「カクノ」の方が細いように感じます。
0.4mm径のゲルインクボールペン程度の太さなので、手帳などに細かい文字を書くのにも使えそう。

ペン先は、個人的には書き始めたときに「あれ? 少し軟らかい?」と感じました。
ただ、書いていると筆圧を押し返してくる感覚があって、全体としてはしっかりと腰が強いペン先、という印象です。

書き味は、「さらさら」と「ぬるぬる」の中間、といった感じ。
カヴェコ・スポーツほどではありませんが、書く紙の質によってはワックスペーパーの上でペン先を走らせているような感覚が多少味わえます。


1本目に買うなら中字(M)がお勧め

個人的な感想ですが、細字(F)の線の太さに対しては太目の軸がややアンバランス。
特に子どもが初めて使う場合には、筆圧のコントロールが難しいかもしれません。

1本目に買ってみるとすれば、おそらく書きやすく感じる可能性が高い中字(M)の方をお勧めします。

 

ともあれ、価格を考えれば非常によくできた万年筆だと思います。
もっと気軽・手軽に万年筆を使う人が増えて、そのあたりの文化が豊かになることを期待しています。

カテゴリー: 文具・事務用品 タグ: , , パーマリンク