[U] LEGO 31001: ミニスカイジェットを組んでみました


息子だけにやらせるのはもったいない、と、レゴにはまりつつある大越です。

レゴ「クリエイター」シリーズの「ミニスカイジェット」を組んでみました。
3つのモデルが組み立てられるミニキットです。

このシリーズ、実売価格がだいたい500~600円と手頃なんですが、かなり楽しめます。
プラケースに入っているので、外出時に持ち出すことも可能。
(先日、外出先での息子の子守に活躍してくれました)
とりあえずひと通り組んでみました。


ミニジェットはなかなかカッコいい

ケースの前面にあってキットの名前にもなっている「ミニスカイジェット」は可変後退翼機。
全長はやや短くデフォルメされてますが、なかなかいい感じのバランスになっています。
PC140171

翼を後退させた方がスマートでカッコいいかも。
PC140170

後ろ姿はこんな感じ。
PC140173


単葉機は立体感不足

単葉機はこんな感じ。
PC140177

この角度だとコクピットのあたりがそれなりに立体的に見えますが、後ろ側から見ると……。
PC140176

垂直尾翼がないせいでしょうか。ぺったりと平べったく、若干情けない感じのフォルムに見えてしまいますね。


スペースシャトルは(角度によっては)なかなかの迫力

3つめのモデルはスペースシャトル風ロケット。
PC140187

これも真横から見ると「薄い」感じはしますが、胴体部分にボリュームがあるのでそれほどアンバランスには感じません。
PC140188

機種を持ち上げて後ろから見ると、なかなかの迫力です。
PC140184

ただ、これも垂直尾翼がないのがちょっと……というところ。

 

デフォルメや省略が入るのはこのサイズのモデルでは当然なので、微妙な雰囲気になってしまっているところがあるのは仕方ないところでしょう。

しかし、フォルムが複雑な飛行機系であるにもかかわらず、どのモデルもそれなりにうまくまとまっているのはさすがにレゴ、ですね。

カテゴリー: 日々雑感 タグ: , , , パーマリンク