[U] SugarSyncの同期が完了しない!?→デスクトップツールのリセットで解決


クラウドストレージサービスはたくさんありますが、私が日常的に使っているのはSugarSyncです。

最初はDropboxと併用していたのですが、同期させるフォルダを細かく設定できるのが決め手になって、これをメインに使うようになりました。

便利に使ってはいるんですが、たまにデータの同期処理の挙動がおかしくなることがあるんですよね。
この手のサービスでは多かれ少なかれあることですし、データが消失するのではなく増える(同じファイルなのに別名保存されて増える)場合がほとんどなので、実質的な問題はないんですが。

これが発生するのは作業中のファイルを同期しようとした場合がほとんど。
ツールを常駐させて常に同期させなければ、発生頻度はグッと下がります。

これ以外に最近発生したのが「いつまでも同期が終わらない」という現象。

SugarSync_SS

同期中にタスクトレイのアイコンを右クリックして「ファイルの転送状態を表示」を選択すると、上のようなウィンドウが開きます。

ここに同期中のファイルの情報が表示され、一番右の「場所」というカラムにはファイルの場所(パス)が表示されます。

「同期がずっと終わらない」状態のときには、この「場所」が空欄のファイルが出てきます。
要するに、「どこにある(あった)ファイルだかわからないので同期しようにもできない」状態になってしまう模様。

これが1台のマシンで発生していても、別のマシンではまったく問題なく同期できているので、SugarSync(クラウド)側ではなくデスクトップツール側に原因があるようです。

で、解決策を探していたら、お膝元の「SugarSyncオフィシャルブログ」にそのものズバリの記事が。

SugarSyncオフィシャルブログ: SugarSyncがずっと同期中の際の対応策

要するに、「デスクトップのSugarSyncマネージャを一度リセットする」という考えてみれば当たり前の処理。
ただ、これは言われないとわからんですわ、ハイ。

この記事に貼られているスクリーンショットは古いバージョンのSugarSyncマネージャのものですが、操作は基本的に同じ。

  1. SugarSyncマネージャを開く
  2. Ctrl + Shift + R を押す
  3. 再度SugarSyncマネージャを起動(再ログイン)

 

たまに問題は生じるものの、(同期さえしておけば)どこにいても最新のデータが取り出せる、というのはやはり便利ですね。

ほとんどのクラウドストレージサービスが提供している「無料で使える容量」を止めてすべて有料のサービスに移行する、というアナウンスがあったんですが、今のところ「トライアル」という位置付けで5GBを無料で使える模様。

また、有料サービスは申し込み月は無料で使えて、その間の途中解約も自由。

使ってみようかな、という方は、是非下のリンクからどうぞ。

SugarSync

カテゴリー: Linux, ツールあれこれ タグ: , パーマリンク