バンドエイドの「キズパワーパッド」は超の付くスグレモノ……か?


家具や柱の角に足の小指をぶつけると、痛いっすよねぇ……。

実は2日ほど前にこれをやらかしてしまったんですが、今回はぶつけどころが悪く、小指先端やや外側の皮がざっくりとめくれてしまい、流血の惨事となりました。

ちょうど、靴をはくと確実に擦れてしまう箇所に数mm四方くらいの傷ができてしまっております。

自宅が仕事場なので、夏場ならずっと裸足ですごせるのであまり問題はないんですが、今回は出張をひかえているので早めに何とかしたいところ(でないと歩き回るのがツラいので)。

で、「キズの治癒を促進する」というBAND-AIDの「キズパワーパッド」を試してみることに。

買ったのはこれ↓。

バンドエイド キズパワーパッド フツウ
B000FQNKKQ

思っていたよりもお高くてビックリ。
近所のドラッグストアでは、10枚入り1箱が800円くらい。
1枚あたりでは普通のガーゼ付き絆創膏の5~10倍くらいの価格になります。

それでも「ともかく早く治るなら」と思い(かつ、「ブログネタにもなるしね」と思って)購入してきました。

貼って一晩経過しましたが、なかなか良い感じです。

貼った直後は赤くむけてしまった傷口が透けて見えましたが、時間が経過すると傷口を覆った部分が白く変色してふくらんで見えなくなりました。これはリンク先の説明にあるとおり。

これだけ赤剥けになっていると、普通のガーゼ付き絆創膏ではガーゼ越しに触ったときに結構な痛みを感じますが、白くなったキズパワーパッドの上から触れた場合にはあまり痛みを感じません。
傷口の保護機能もなかなか強力なようです。

とりあえず一晩が経過しただけなので、「治りが早くて傷跡も残らない」という点についてはまだよく分かりませんが、とりあえず普通のいわゆる「絆創膏」よりはスグレモノだとは感じます。

日常よく使う指先など、できる限り早く治したい箇所の傷には価値ある選択肢になりそう。

完治したら、またレポートをアップしたいと思いますので乞うご期待。

カテゴリー: ツールあれこれ, 日々雑感 タグ: , , , パーマリンク