本のある風景」カテゴリーアーカイブ

いわゆる「書評」ページ。

[U] 言葉にならないものを言葉にする〜読書メモ「羊と鋼の森」

最近、(特に新しい)フィクション作品をほとんど読まなくなっている。 この本も、映画になって宣伝されたのを見て、はじめて「ピアノの調律師」が主人公の作品と知って興味がわいた。 映画の公開に合わせてKindle版が値引きされ … 続きを読む

カテゴリー: 本のある風景 | タグ: | [U] 言葉にならないものを言葉にする〜読書メモ「羊と鋼の森」 はコメントを受け付けていません。

[U] 読書記録 2018年6月

今月はヤバいくらいに暇だったのと、一気読みに誘われる本が多かったので読書量が多め。 ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと posted with ヨメレバ 奥野 克巳 亜紀書房 2018 … 続きを読む

カテゴリー: 本のある風景 | タグ: , , , , , , , , , , , | [U] 読書記録 2018年6月 はコメントを受け付けていません。

[U] 洋書のオーディオブックはBlinkistがいい感じ

手軽に洋書のオーディオブックを楽しめるサービスを見つけた。 Blinkistというサービスがそれ。 ウェブサービスとしても利用できるが、AndroidとiOSのアプリもあって、サイトからアクセスできる。 扱っているのはノ … 続きを読む

カテゴリー: Webツール・サービス, 本のある風景 | タグ: , | [U] 洋書のオーディオブックはBlinkistがいい感じ はコメントを受け付けていません。

[U] 読書メモ「信用の新世紀〜ブロックチェーン後の未来」

この記事を読んで、ここ最近考えていたことと強烈にシンクロする話だったため、書籍を購入して一気読み。 「30年以内にお金の世界を終わらせたいんです」- 慶應大・斉藤賢爾博士が語るシンギュラリティ後の社会とは (ちなみにこの … 続きを読む

カテゴリー: 本のある風景 | タグ: , , | [U] 読書メモ「信用の新世紀〜ブロックチェーン後の未来」 はコメントを受け付けていません。

[U] 読書メモ「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

「ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと」で引用されていた一冊。 これまた一気読みしてしまった。 ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 posted with ヨ … 続きを読む

カテゴリー: 本のある風景 | タグ: , , | [U] 読書メモ「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」 はコメントを受け付けていません。