[U]タスク管理ツール「Nozbe」の日本語対応がちょっと残念な件


いくつかタスク管理ツールを渡り歩いてきたワタクシ。

たいていは有料のコースを申し込んで使っていたのですが、この手のツールはいくつも平行して使うものではないので、そのまま放置状態になっているサービスもあるワケで。

その中のひとつ、「Nozbe」からアカウントの自動更新についての通知メールが来ました。

使っていないのに有料アカウントが自動更新されてしまうと困るので、こういう通知はありがたいんですが、これがわりと残念な感じのメールになってまして。


まずはメールの文面が残念

以下、メールの全文です。

ビジネスや個人的生産性を向上させるためにNozbeをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様が有効なアカウントをお持ちであり、数日で自動的に更新されるというお知らせしようと思い、メールを差し上げました。

Since you’re our active customer, this has been set up for your convenience and no further action is required on your part to continue using our service.

質問がコメントがある場合、返信を押して下さい。我々のサポートスタッフが喜んであなたを助けます。

今一度弊社のサービスをご利用いただき、光栄です。お客様により快適な体験になりますよう、毎日努力して参ります。

宜しくお願い申し上げます。

 

うぅむ、何とも微妙な日本語。

ちなみに件名(Subject)は「弊社とアクティブ予約」となっていて、何のことやらわかりません。
最初はスパムかと思って削除しかけたんですが、差出人が「Nozbe.com」になっていたので開いてみたらこの文面です。

直訳調なのは仕方がないにしても、助詞のタイポや妙に漢字が多く堅苦しい雰囲気があり、読んでいてどうにも居心地 の悪い気分になってしまいます。

おそらく、このメールの文面作成にネイティブの日本人はタッチしていないでしょうね。

と書いてふと思ったんですが、そうも言い切れないかも。最近は「えぇぇっ!?」と思うような日本語を書くネイティブ日本人もいますから。


サイトの日本語も微妙……

で、アカウントを解約するべくサイトに移動したんですが、ここも同じような雰囲気。

海外発のサービスでサイトの日本語がイマイチこなれていないのはよくあります。

でも、Nozbeは世界でそれなりに使われており、日本でのサービス提供も数年以上の実績があるんですよね……。
にもかかわらず、これだけ「読んでいて引っかかる」日本語のままになっている、というのはかなり残念。

 

Nozbeはライフハック系のブログなどで紹介されているのをあまり見かけないので、使っている日本人が少ないのかもしれません。

使っている日本人が多ければ、「この日本語、何とかならんのか?」というリクエストがそれなりに上がってくるでしょうし、ボランティアで翻訳を手伝う人も出てくるでしょうし。

使っている日本人が少ないから日本語がマズいままなのか、日本語がマズいままだから使う日本人が増えないのか、ニワトリと卵の関係ではあるんですけどね……。

カテゴリー: Webツール・サービス, 言葉についての考察 タグ: , , パーマリンク