[U]NHK「テレビでアラビア語」はガチでスゴい語学講座だった!


数ヶ月前から、アラビア語を独習し始めています。

「何故にアラビア語?」というあたりについては追々書く予定。
(とある本に書かれていたことがひとつのきっかけになりました)

文部科学省の資料によると、アラビア語のネイティブスピーカー数は世界第5位(2億人)ということらしいのですが、日本では(中英独仏語などに比べると)教材の選択肢が限られるマイナーな言語。

(1)世界の母語人口(上位20言語)(文部科学省)

しかし!

日本の外国語学習者の強い味方、NHKがやってくれています。

NHKの「テレビでアラビア語」は非常にしっかりとした作りになっていて、うまく使えばこれだけで初級レベルを大部分をカバーできてしまいそうです。

秀逸なテキスト

特にテキストが秀逸です。

NHK TVの語学講座のテキストは、普通は月別の分冊になっているのですが、この「テレビでアラビア語」は6ヶ月分が1冊にまとまっていて、十分に初級の教科書として使える構成になっています。

他の初級レベルの教材では多少はしょって書かれている文法事項(活用形など)もかなり網羅的に整理されており、「かゆいところに手が届く」感じ。

一方、一般的な教材や他のNHKの語学講座とは異なり、練習問題などはないので、これについては他の教材で補完する必要があるでしょう。

続きが見たくなるスキットドラマ

番組自体は2012年に放送されたものを繰り返し放送している(今年4月からの放送が5回目)のですが、スキットドラマが継続的な学習を意識した構成になっていて、ついつい見入ってしまいます。

アラビア文字についての解説コーナーで実際に手書きをして見せてくれるのも非常にありがたいですね。あの文字はどうやって書くのが正しいのか、ノンネイティブには判断が難しいので。

テキストの製本には難あり

難点があるとすれば、テキストが他の語学講座と同じ紙質・製本で作られている点。6ヶ月間使うワケですし、これ1冊で初級の教科書として使える内容になっているのですから、ソフトカバーの単行本のような製本であればもっと良いのですが。

税抜き800円という価格では仕方がないのかもしれませんが、「大人の基礎英語」のようにスキットドラマのDVDとセットで販売、というのはどうでしょう? > NHKさん。

価格が3倍程度なら、買いますよ〜。

 

あ、それから、生徒役で出演している渡部陽一氏の「あの」しゃべり方がどうも耳に残ってしまい、ネイティブによる発音が今ひとつアタマに入ってこないのは、私の集中力不足でしょうか……?

カテゴリー: 翻訳・物書き業徒然 タグ: , , パーマリンク